« ピノコが観たら激怒するCM | トップページ | パンドラの箱 »

『ビブリア古書堂セレクトブック ブラック・ジャック編』

Bj 『ビブリア古書堂セレクトブック ブラック・ジャック編』(三上延編)読了。

帯に「『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズの著者が厳選した、『ブラック・ジャック』入門編が登場!」とあるように、三上氏が少年時代から慣れ親しんできた『ブラック・ジャック』から13のエピソードが収められている。チョイスされた13編は以下のとおり。おおかたの人気投票で上位に来る作品群とは一味違う、若い読者にインパクトを与えそうな作品が多い印象だ。

「畸形嚢腫」
「木の芽」
「ふたりのジャン」
「アリの足」
「なんという舌」
「その子を殺すな!」
「ガス」
「不発弾」
「ふたりの黒い医者」
「魔女裁判」
「身代わり」
「闇時計」
「台風一過」

各編に1ページほどの解説があり、また冒頭には「手塚マンガの恐るべきスタンダード」と題して『ブラック・ジャック』に対する著者の熱い想いが語られている。この文章が良いのだ! 同じファンとして嬉しくなってしまう♪ 以下、2段落ほど引用する。

------------------------------------------------
 私は手塚治虫を「マンガの神様」と思ったことは一度もない。ただ神として祀り上げられているような、そんなつまらない存在ではなかった。時には失敗を重ねながらも、一筋縄ではいかない読者という魔物を、あらゆる手練手管と全身全霊をもって何十年も引きずり回し、次のページを開かせ続けた恐るべき現役マンガ家だった。その偉大な苦闘の足跡が十五万枚を超える膨大な作品群として今も私たちの目の前にある。
『ブラック・ジャック』はその最も充実した成果の一つだ。生命とは何か、医療とは何かというヒューマンなテーマはもちろん、様々な社会問題を扱った目線の高さも評価に値する。しかし同時に「半分白髪でツギハギの無免許医」だの「畸形嚢腫から誕生した半分人工物の十八歳幼女」だの「安楽死を請け負うライバル医師」だの、立ちまくったキャラを縦横無尽に動かし、一話完結の多彩なストーリーをグロい手術シーンとともに毎週繰り出す、サービス精神てんこ盛りの神業エンターテインメントでもあるのだ。
------------------------------------------------

三上氏がいかに『ブラック・ジャック』という作品を愛しているかが如実にわかる文章だ。因みに『ビブリア古書堂の事件手帖』本編には『ブラック・ジャック』を扱ったお話がある。その感想を書いた記事はコチラ

|

« ピノコが観たら激怒するCM | トップページ | パンドラの箱 »

「ブラック・ジャック」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

興味が湧いたので、読んでみました。ブラックジャック愛に溢れる選抜ですね。

私はブラックジャックを読んでいたつもりでしたが、きちんとすべての作品を読めていないような気がしてきました。

もう一回ちゃんと読んでみたいと思います。

投稿: みさ | 2017年4月30日 (日) 17時07分

みささん
コメントありがとうございます♪

お! みささんのご興味をひけたとは嬉しい限り♪ エライぞ自分^^
みささんも私と同じくおそらくリアルタイムでお読みになっていたと思います。その後、ほとんどのエピソードが単行本にまとめられましたが、↑上に挙げたリストの中では「ふたりのジャン」と「魔女裁判」は、なかなか取り上げられなかったと記憶しています(いまは普通に読めますが)。現在でも未だに単行本に載っていないエピソードが3つくらい残っています。
それくらい、かなりキワキワな内容を当時から扱っていたのですよね~。そして読者に深い問題意識を残すという……。やっぱり手塚はすごい漫画家だったと思います。

みささんも是非再読なさってみてください。ご一緒にハマりましょ~♪\(^o^)/

投稿: わかば | 2017年4月30日 (日) 20時23分

たびたび失礼いたします。
チロです。
「ふたりのジャン」は知っていたのですが、「魔女裁判」はこのセレクトブックで初めて出会いました… 。改めて、ブラックジャックの「命」に対する真摯な姿勢と広い定義が見えたような気がします。リアルタイムで触れられなかった私にとって、適切な解説付きという形で単行本未収録作品に出会えるというのは大変貴重な事です。
 他の未収録作品といえば「しずむ女」「快楽の座」「血がとまらない」でしょうか?調べた範囲でしかわかりませんが…。

投稿: チロ | 2017年5月 9日 (火) 21時50分

チロさん
コメントありがとうございます♪

『BJ』はどの全集でもすべての作品を読むことはできなかったと記憶しています。それだけに、自分が読んだことのないお話にめぐり会えたときは嬉しいですよね♪
「魔女裁判」はBJの弱者に対する優しさがうかがえて、心が温かくなります。母親とその息子というモチーフにはBJ自身を彷彿とさせるものがありますね。なお、「魔女裁判」は現在は「少年チャンピオンコミックス17巻」で読むことができます。

また「しずむ女」は「少年チャンピオンコミックス4巻」、「血がとまらない」は「少年チャンピオンコミックス3巻」に収載されています。

いまの時点でどの全集でも読めない作品は「指」「植物人間」「快楽の座」ではないかと思います。
「指」はその後に「刻印」に改編されたのでもはや原稿自体が残っていないと思われます。
「植物人間」は『ビブリア古書堂』でも取り上げられましたが、もともとは「少年チャンピオンコミックス4巻」に収載されていました(17、18刷くらいまで)。その後、諸般の事情で削られて代わりに「からだが石に」が収載されました。どうやら今後も収録されることはないようです。
「快楽の座」……これがいちばん入手困難です。古本屋で「少年チャンピオン(1975/01/20号)」を見かけたら、迷わず「買い」ですよ!

こうして見てみると、やはりシリーズ初期に問題作がめじろ押しですね。
これからチロさんが未読のBJにたくさんめぐり会えますように。^^b

投稿: わかば | 2017年5月 9日 (火) 23時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/141713/70368600

この記事へのトラックバック一覧です: 『ビブリア古書堂セレクトブック ブラック・ジャック編』:

« ピノコが観たら激怒するCM | トップページ | パンドラの箱 »