« (備忘録170514) | トップページ | 芸能人の不祥事 »

「お上の事には間違いはございますまいから」

最近どうもテレビも新聞も見るのがイヤになっているので詳しくは知らないのだが、着々と「テロ等準備罪」が成立に近づいているようだ。先日、友人とこの話題になったとき、私が「お上の事には間違いはございますまいから」と言ったら、「『不意打ちに会ったような驚愕の色』を見せるお上が一人でもいると思う?」と返してきたので、二人で大笑いをした後に嘆息した。めちゃくちゃアカデミックな会話ではあったナ(笑)。

森鴎外の『最後の一句』の中に見えるやりとりである。われわれの時代、中学の国語の教科書に載っていた(いまも載っているのかな?)。死罪と決まった父親の命を救うために自分たち兄弟が身代わりになるとお上に申し出た長女“いち”が放った強烈な一言が「お上の事には間違いはございますまいから」である。結局この“いち”の言葉が父親の死刑執行を日延べにし、更には期せずして宮中行事による恩赦が行われて父親は死罪を免れることになる。

要は、佐々という奉行の胸に“いち”の最後の一句が突き刺さったということなのであるが、父親の罪も間違いのないところではあるので、それがこういうことで揺らいでよいのかと、当時中学生だった私にはよくわからない話でもあった。それが大人になって段々とわかってきたのは、人を裁くことの難しさとそれに伴う「おそれ」とである。完全無欠な人間などいない、法律がすべてでもない、当事者によって結果が異なることもある、何が正しいのかなんて誰にもわからない、そういう諸々のことがわかってくるに従って、無垢な子供の献身的行為ほど衝撃的なこともそうそうないこともまたわかってきた。普通の大人なら、こんな言葉をつきつけられたらどうしていいかわからない。心胆を寒からしめられて思考停止になってしまう。

この話の救いは、奉行がそういう普通の大人だったことだ。自分の行いに絶対の自信もなく、いちおう型どおりの仕事をして自分を納得させている普通の大人。物事の根本をえぐるような“いち”の言葉にたじろいで愕然とするだけの感受性と良心とを持ち合わせていた普通の大人だったことだ。だから奉行は刑を執行することができずに「日延べ」という落としどころを選んだ。単に問題の先送りではあるが、彼の良心からすればそれ以外の手は打てなかったのだろう。

いまの「お上」に、そんな政治家が果たしているだろうか。法案ひとつを決めるときに、その責任の重さの恐ろしさに思考停止になるほど悩む政治家がいるだろうか。……否! 人間離れした無責任さでワイワイとお神輿を担いでいるようなノリの連中ばっかりだ。しかしそういう連中を選んだのは我々国民なのであるから、これはもう嘆息するしか手がない……。

|

« (備忘録170514) | トップページ | 芸能人の不祥事 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

・・・しかも、国連の懸念の表明に対して「強く抗議」したとか。まるで1932年の出来事をそのまま繰り返しているような気がします。

これがアベ自民党の望む路なのでしょうね。恐ろしい人達です。(>_<)
 

投稿: モトキ | 2017年5月22日 (月) 23時59分

モトキさん
コメントありがとうございますm(__)m

1932年の出来事というと……何でしょう。五・一五事件ですか? え?モトキさんそこまでやっちゃうんですか(だめだめ!だめですよ~^^;)?
国家総動員法は1938年だし治安維持法は1941年だし……。
「国連」というキーワードから考えると、1933年、日本の国際連盟脱退が一番近い答でしょうか。
ナチス党の大躍進もこの頃の出来事ですね。

モトキさ~ん、いよいよヤバくなってきましたよ~。┐(´ー`)┌

将来「共謀罪」に問われないように、これから物事はオブラートに包んで言うようにしましょうね^^
アベちゃんは、恐ろしいほど素晴らしい独裁者ですよね!^^b

投稿: わかば | 2017年5月23日 (火) 21時43分

1932年は、翌年の国際連盟脱退の引き金になったリットン調査団の報告書が提出された年です。日本にとってはかなり有意義な提案が含まれていたにもかかわらず、このことに対してヒステリックに抗議した当時の日本政府が今のアベ内閣に重なります。

・・・戦前に戻りたいと願うこの人達って、戦争でいったい何を学んだんでしょうねぇ? ┐( ̄ヘ ̄)┌
 

投稿: モトキ | 2017年5月24日 (水) 00時10分

モトキさん
ああ! リットン調査団! そういえば歴史の授業で教わった覚えが……(遠い目)。
なるほど、いいことを言ってもらってももはや考慮することさえしない状況が似ていますね。

アベちゃんは戦後レジュームからの脱却を謳ってどんどん戦前に戻ろうとしていますが、それにしては、アメリカべったりの姿勢を取り、なおかつそれが彼の中で整合性が取れているらしいことが、私にとっては不思議でなりません。
┐(´ー`)┌

投稿: わかば | 2017年5月24日 (水) 22時48分

たびたび失礼いたします。

私の教科書に載っていたのは「高瀬舟」で、「最後の一句」は載ってませんでした…今度読んでみようと思いました!

本当に怖い世の中になりつつありますね。一番支持される意見が本当に「正しい」ことなのか、考えてしまいます。

投稿: チロ | 2017年5月25日 (木) 13時49分

チロさん
コメントありがとうございます♪

チロさんの時代は『高瀬舟』でしたか。病苦の弟の自殺をほう助した兄が島送りになる話ですね。私はあれを読むとドクター・キリコの正当性を考えてしまいます。鴎外も当時ひとりの医師として娘の安楽死を考えたことがあったのですよね。何が正しいのかなんて、ホント、不確かなものです。

報道もかなり偏ったものだという前提で見たり聞いたりしなくてはならないと思います。結局、確かなのは自分の知性と理性と直感だけなのかもしれませんね。あくまでも自分で考えることが重要で、無批判に多数派についたり、声の大きい人に引きずられていくことだけはしたくないと思っています。

投稿: わかば | 2017年5月25日 (木) 22時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/141713/70633475

この記事へのトラックバック一覧です: 「お上の事には間違いはございますまいから」:

« (備忘録170514) | トップページ | 芸能人の不祥事 »