« 「お上の事には間違いはございますまいから」 | トップページ

芸能人の不祥事

先日のネットニュースで、今年の夏はSPで『眠狂四郎』が放映されると知り、楽しみでならない♪ それまで何ごとも起こらず、無事に観ることができるよう祈らずにはいられない。

というのも、ここ数日、覚せい剤所持で逮捕されたり、未成年との不適切な交際で活動停止処分となったりする俳優が続けざまに出たからだ。出演していた映画が封切り後すぐに公開中止になったり、これから放映予定だった連続ドラマの全編放送中止が決定したりしている。

私個人としては、なにもそこまですることもないだろうに、と思う。制作に費やしたお金や時間、関わった人たちの熱意や創意工夫、作品を楽しみにしていた視聴者の期待等々が無に帰してしまう。作品そのものに社会的・倫理的に問題があるというわけではなく、出演者たった一人の不祥事で、だ。

スポンサーがその名を出すのを嫌がるのだろうか? でも、公開されなければスポンサーも元が取れなくて大損なのじゃないかしら。

そのまま公開・放映すると、批判が殺到するのだろうか? でも、そもそもどういう人が批判するのだろう。聖人君子? 正義の人? それとも、ただの文句言い?^m^

|

« 「お上の事には間違いはございますまいから」 | トップページ

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

しょーもない反応ですよねー。(-_-;)

役者が犯罪を犯して、その後映画やドラマに起用されなくなるのは仕方のないことです。でも、以前の作品にその役者が出ていたから放送禁止、というのはどうも理解出来ません。たった一人の行いが、その作品に関わった多くの人達の努力や献身を水泡に帰してしまって良いわけがないですから。

以前、著名な洋菓子屋が福島産のバターを使用するとツイッターでお知らせをしました。すると放射能がどうのこうの、という猛烈な批判が起こり炎上しました。「放射能汚染の酷い銀座だけに、脳被曝してるのかしら?」なんて書き込みが平然と行われたそうです。

でもその洋菓子屋は、「安全性の確認された福島産食材を隠さずに使っていく」と決然とした対応を行いました。その結果、洋菓子店の判断を是とする人々から多数の応援書き込みがあり、反対勢力は完全に沈黙したそうです。

きっとネットで口汚く罵っている人というのは、その程度の人間なんですよね。だから映画やドラマにしても、制作サイドが作品に込めた思いを誠実に伝えさえすれば、きっと賛同してくれる人の方が多いんじゃないかな、と思います。

問題は、それだけの信念を持って作品を制作している制作サイドがどれだけあるか、ってことですかねー。(^^;)
 

投稿: モトキ | 2017年6月12日 (月) 00時39分

モトキさん
コメントありがとうございます♪

既に完成している作品に対してここまでの対応は過剰だと思いますよね。私は4月だったかに『シン・ゴジラ』のDVDを買ったのですが、小出某も出演していました。このたびの事件がもうちょっと早く起こっていたら、彼の出演シーンも削られていたかもしれません。ぎりぎりセーフのタイミングでした。とりたてて彼のファンというわけではありませんが、それでも作品としては完全版を観たいと思いますものね。

制作側が過剰反応をするのも、批判や炎上を怖れるあまりなのでしょう。実際、その対応は面倒くさいものだろうと思います。相手は何を言っても譲らない人たちでしょうから。文句言うくらいなら観なきゃいいだけの話なんですけど、そういう人たちは観もしないで文句だけはつけるのでしょうからね。

私にはそういうクレームというのはただの鬱憤晴らしとしか思えません。文句を言って相手を全否定することで、自分を優位に置くことができる喜びに浸っているとしか……。「放射能汚染の酷い銀座だけに、脳被曝してるのかしら?」などと書ける神経というのは、そういう独りよがりの優越感がなせるわざとしか思えません。はたから見れば、笑止千万でみっともなくてナサケナイことこの上ないのですがねぇ。┐(´ー`)┌

批判や炎上が怖くて竦んでしまうというのは、ブログをやっているこの身にもわからないではありません。竦む、ほどではなくても、もし反論がきたら面倒だなぁと思うことはありますから(笑)。こんな零細辺境ブログでさえそうなのですから、テレビや映画ならなおさらでしょう。でも、モトキさんが書いてくださった洋菓子屋さんのように、ここは信念を持って毅然とした対応をするほうが、後々のためにも良いと思います。少なくとも、匿名の鬱憤晴らしのクレーマーに負ける程度の情熱で制作したわけではないことを、証明してほしいと思いますね。

投稿: わかば | 2017年6月12日 (月) 22時01分

・・・辺境ブログ。(*´艸`)

辺境というと、グイン・サーガやバートラム・チャンドラーの銀河辺境シリーズを思い出します。どっちも未完となってしまったことが残念でなりません。・・・どっちも途中で挫折したモトキですが。

シン・ゴジラは今のウチに購入しておかないと回収されちゃうかもしれませんねぇ。困ったもんだ。(-_-;)
 

投稿: モトキ | 2017年6月12日 (月) 23時57分

モトキさん
銀河辺境シリーズというと、10代の頃によく行った書店にハヤカワ文庫でズラリと並んでいた光景を思い出します。いつの頃からか見なくなってしまいましたが……。グイン・サーガもひと頃人気ありましたねぇ。
因みに私はどちらにも手を出しておりませんm(__)m
全部買えるお金がなかったんだもーん^^;
栗本薫が早くに亡くなってしまったのは惜しまれますね。好きなシリーズもあったのですが。
『シン・ゴジラ』はお早目にお求めを! なかなか面白いですよ♪

投稿: わかば | 2017年6月13日 (火) 23時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/141713/70804934

この記事へのトラックバック一覧です: 芸能人の不祥事:

« 「お上の事には間違いはございますまいから」 | トップページ