« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »

2017年12月

さよなら2017年

紅白、石川さゆりさんが歌っています。バックの浮世絵がすごい\(^o^)/
さて、今年も皆々様にはたいへんお世話になりました。ありがとうございますm(__)m
来る年が幸せに満ちた年になりますように。
どうぞ良いお年をお迎えくださいませ~^^b

| | コメント (0) | トラックバック (0)

この一年を振り返るバトン

今年もあと2日。あまり記事も書けませんでしたが、変わらずにお越しくださる皆さまに感謝しつつ、この一年を振り返ってみることにします。

●まずは、お名前と回答日をどうぞ。

 わかばです。回答日:12月29日

●この一年で印象に残っている流行(語)は?

 ・忖度

●この一年で印象に残っている人物は?

 ・トランプ
 ・金正恩
 ・ブルゾンちえみ(学部はちがいますが通っていた大学が一緒なので^^)

●この一年を漢字一文字で表すと?

 「醜」です。○○ファーストとか、暴言とか、罵りあいとか、自分さえよければいい、自分は偉い、という風潮が目立ちました。これほど醜いことはないですね。

●この一年で喜んだことは?

 家族がみな健康に過ごせたことでしょうか。

●この一年で怒ったことは?

 煽り運転をする輩が多いこと。頭、悪すぎないか?!

●この一年で哀しかったことは?

 核兵器禁止条約をめぐる日本政府の対応です!

 
●この一年で楽しかったことは?

 「魏志倭人伝」を読んだこと。調べていくと面白いのなんの♪

●この一年で印象に残っている行事は?

 中学校の同窓会。みんな幸せに暮らせよ~♪

●この一年で一番高価な買い物は?

 石見銀山へ行ったときに近くの店で買った銀の指輪かな。数千円でしたけどね。

●この一年に行った場所で良かったところは?

 加賀の潜戸(くけど)。船で遊覧しました。
 スサノオノミコトが降り立ったという鳥髪山。カタクリの花が綺麗でした。

●この一年に聞いた曲で良かったのは?

 これと言って思い当たるものがありません。

●この一年に読んだ本で良かったのは?

 「魏志倭人伝」!^m^

●この一年に観た映画で良かったのは?

 何も観に行っていません>_< 
 テレビで観た『アナと雪の女王』は楽しかったです。

●この一年に観たテレビ番組で良かったのは?

 『100分 de 名著』毎回欠かさず観ています。

●この一年に観たテレビCMで良かったのは?

 思い当たるものがありません。

●この一年に何か新しいことを始めましたか?

 始めた、というわけではありませんが、BJ創作をしました(汗)。

 
●この一年で悔いが残っていることは?

 時間の使い方が下手だったなと思います。もっといろんなことができたかもしれないのに……。

●この一年はあなたにとって何点でしたか?(100点満点)

 90点。個人的にはそこそこ良い年でした。

●来年はどんな年になってほしいですか? 抱負などをご自由にどうぞ。

 全世界の人がみな寛容の精神で生きられたらいいなと思います。
以上です^^

| | コメント (2) | トラックバック (0)

世襲

昼のワイドショーなど観ると、未だに相撲界の傷害事件であーだこーだ言っていてうんざりするが、最近のニュースで衝撃的だったのは富岡八幡宮の宮司殺害事件だ。神に仕える身なのに何ら一般人と変わらない、いやそれ以上の俗物っぷりに驚くばかり。しかし私がその一報を耳にしたときにまず思ったのは「苗字、富岡なんだ……」ということであった(笑)。そこで、富岡八幡宮の宮司は代々どうなっているのかとネット検索したのだが、既にこの事件についての記事ばかりがいっぱいで、探すのを諦めた。

不肖の息子が事件を起こした上に自殺、姉の現宮司が殺害されたとなると次の宮司はどうなるのだろうかと思う。ワイドショーの無責任発言によれば、きっとそれなりの宮司が神社本庁で選ばれて送られてくるのだろうということであった。これまで世襲であったとすれば、ここで途切れることになる。

私の地元にある出雲大社の場合、天照大神の次男・天穂日命を初代として、現在の84代まで連綿と宮司の世襲が続いている。官職としては「出雲国造」(いずもこくそう、と読む。クニノミヤツコが現代の世に存在するなんてすごいね)。天皇家と同じくらい古い家柄ということになるのだろう。次の代の宮司は2014年に高円宮典子さんと結婚された国麿さんになるのだろうが、さてその次は? なんだか典子さんとの仲がうまくいっていないというような噂も耳にするので心配ではある。いや、私などが心配することでもないが。

家柄が続くというのは、どういうことなのだろう。長く続けば続くほどその家の当主のストレスはいかばかりかと思う。一夫一婦制の現代なら、当主の奥方もまた……。そんな家柄とは関係なく生まれ嫁いだ自分を幸せに思うと同時に、古い家柄の方々のご苦労やら何やらを貴重なものと思ったりもする。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »