« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »

2018年5月

「世論」と「空気」

4月22日に再放送されたNHK『100分 de メディア論』がベラボーに面白くて、感想を書こう書こうと思ってはいるものの、なかなか書けないでいる。まあいつかそのうちに。

ところで、番組ではリップマンの「世論」、山本七平の「『空気』の研究」などが取り上げられていたのだが、このたびのTOKIO山口氏の強制わいせつ事件をめぐる動きとメディア(主にテレビのワイドショー)での取り上げられ方を観ていると、これらの本に書かれていることをそのまま辿っていたように思われた。

私がこの事件を最初に耳にしたとき、刑事的な処分がどうなるかはまだ不明だったが、被害者との和解は成立しているとのことだったので、大したことにはならないと思っていた。悪い方向へ転がりだしたのは、ここで事務所から出された木で鼻を括ったような声明からだったように思う。リップマンの「世論」で触れられているのは「どんな人でも、自分の経験したことのない出来事については、自分の思い描いているそのイメージが喚起する感情しか持つことはできない」ということなのだが、J事務所に対する印象はグループSの一件以来、非常に悪い(らしい)。山口氏がやったことは確かに悪いが、彼を監督指導すべき(と世間が思っている)事務所の対応があまりにひどかったため、彼に対する風当たりもここで強くなった感があった。

そして山口氏の謝罪会見。事務所サイドの弁護士の弁は、とにかく早く事を穏便に収束させたいという姿勢が見え見えだった。ただ、本人の謝罪の弁は、彼の素直な気持ちが伝わるものだったと思う。戻れるものならTOKIOに戻りたいという言も、思わず本音が漏れてしまったということで、私にはそれほど不謹慎なものとは思われなかったのだが……。

その言葉に反応したのがメディアだった。いまそれを言う?言っちゃダメでしょ、とこぞってワイドショーで叩かれた。そんな言葉は聞きたくなかったと国分氏も翌日に発言。山口氏がいま言っていいのはただ謝罪の言葉だけだ、という空気が広まった。そして5人で持たれた話し合いの席で山口氏は辞表を提出する。

いま思うと、その後に開かれた4人の会見は山口氏の「戻れるものならTOKIOに戻りたい」という言葉を否定するために設けられたと受け取れる。長い付き合いの山口氏を、心情的には見捨てることはできない。彼を失うことはTOKIOにとっても大きな損失である。しかし、既に4人は山口氏を受け入れてはいけないという、メディアが作り上げた世論の空気に支配されていた。そのとき山口氏の言を否定することは、山口氏に対する愛情でありTOKIOの絆の裏返しでもあったと私は思うのだが、それとは別に、彼らには既に最初から、山口氏を擁護する自由、被害者のことを慮る言葉以外の言葉を発する自由などなかったのだと思う。

この4人の会見後、とあるワイドショーで街頭100人アンケートを取っていた。「今後TOKIOはどうなるのがいいか?」という問いに対し、「5人で活動するのがよい」という答えが70%近くに上っていた。「4人で活動」が20数%、「解散」は3%だった。4人の辛そうな姿を観て、同情を感じた人々が多かったのだろうと思う。しかし一方で、これはグループSのときと同様の公開処刑ではないかという世論が生まれた。以前にも増して、J事務所に対しての批判が噴出した。斯くして、J事務所は山口氏の辞表を受け取り、氏との契約を解除した。

この事件によって生じた経済的損失は数億とも数十億ともいわれている。TOKIOはベースギターを失い、音楽活動の予定は白紙となった。長瀬氏が会見で言っていた「被害者探しはしないでください」という意向とは逆に、ネット上ではそういう動きも盛んなようだ。被害者の方にも非がないとは言えないとか、親が悪いとかの意見も多い。

おそらく世の中のたいていの人が望んでいなかった結果になってしまったのではないかと思う。この結末でいったい誰が得をした……、いや、誰か一人でも幸せになれたのだろうかと思う。被害者だけでも「これでよかった」と思っているのならそれは救いだが、果たしてそうなのかどうなのか……。そこのところは誰も知りようがない。

最初に挙げた山本七平の「『空気』の研究」では、戦艦大和の悲劇が取り上げられているそうだ。驚くことに、軍の上層部の誰一人として大和の出撃には賛成ではなかったという。けれども、そこでは不沈戦艦大和が出撃しなければならないという「空気」が支配しており、皆がそういう「臨在感的把握」なるものをした結果、大和は海の藻屑と消えた。

「世論」と「空気」、そして道徳的に決して言ってはならない言葉、そういうものの存在が、事をこれだけ大きなものにしてしまったように思われてならない。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

何も言えないネ……

TOKIOの山口氏以外の4人の会見を、結局全部観てしまった。こういう場を設けたからには何か大きな発表があるのかと思っていたが、山口氏から辞表を受け取ったという事実が明らかにされた以外は、被害者およびご家族への謝罪と、自分たちも現時点では混乱していて大きな決断をなすには至っていないこと、音楽活動の計画は白紙に戻し、いま頂いている仕事に全力を尽くすという内容に終始した。1 for 5, 5 for 1。何があっても連帯責任というTOKIOの姿勢は明らかになったと思う。

発言に重みがあったのは松岡氏だった。「TOKIOに戻りたい、俺にはTOKIOがある。TOKIOに帰れる場所がある。もしそういう彼の気持ち、甘えの根源がTOKIOだったとしたら、自分の意見ですけど、そんなTOKIOは1日も早くなくした方がいいと思います」と言ったのはまさに断腸の思いの発露だったろうと思う。またその一方で、「本当に申し訳なく情けないんですが、ありがたいことに、番組継続、いろんなお仕事継続といういろんなお声をいただいた時に、今僕ら4人ができることって何だろうと。それをしっかり果たすことがプロなんではないかと。その狭間で戦っています。辞めるのは簡単だと思います。与えられたことをきちっとやることがプロだと思っています」という発言が彼の葛藤を物語っていた。

被害者の気持ちを思えばこんな会見もしないほうがいいのかもしれない、という城島氏の発言も重かった。ネット上では被害者を特定したり、NHKの当該番組の出演者に対しての嫌がらせもあると聞く。TOKIOの活動に大きな支障をもたらす事態に発展した“事件”の被害者にしてみれば、もうそっとしておいてほしいというのが正直な思いであろう。一方で、被害者のそんな思いも慮った上で、自分たちからも謝罪しなくてはならないと考えた4人の気持ちもわからないではない。山口氏を切ってしまうことで、被害者への(あってはならない)風当たりが一層強くならないとも限らないのだから、決断できない自分たちをも許してほしいという謝罪の気持ちもあったのだろうと思う。

これがTOKIOの山口氏ではなくて一般人の起こした事件であったなら、(被害者には失礼な言い方だが)こんな「大ごと」にはなっていなかったろうと思う。国民的アイドルTOKIOのメンバーが引き起こした事件であるからこそ、こんな事態になって、私のような全然無関係なおばちゃんまで興味を持ってしまった……。

うん。この件に関しては、第三者はなにも言及しないのがいちばん良いネ。

だから、以下は私が常日頃思っている個人的な意見である。

先ごろ夢中になって観ていたドラマ『アンナチュラル』第6話に、ミコトのこんなセリフがあった。
「女性がどんな服を着ていようがお酒を飲んで酔っ払っていようが、好きにしていい理由にはなりません。合意のない性行為は犯罪です」
正論である。非の打ちどころのない至極まっとうな見解である。同じ女性として快哉を叫びたい。しかし、である。これは相手が「まとも」な男性であった場合のことである。自分が女性であるがゆえに、例えば露出度の高い服を着た女性を見たときの男性がはたしてどういう思いを抱くのかは想像の域を出ない。しかし「誘っているんじゃないか」と思う輩もいるだろうと思う。同じように、誘いをかけたらやってきた女性に対して、男性がどういう心理状態になるのかもまたわからないが、「OKだろう?」と思う輩がいるかもしれないという用心は必要だろうと思う。

男女が平等ではないと私が思ういちばんの理由は、その身体的な力の差である。筋力である。力づくで来られたら女のほうが弱い。だから! だからこそである。何か起こってからでは遅いのだから、女は事前に充分な用心をしなければならない。何か事が起こった時に、将来にわたって長く傷つくのは間違いなく女のほうなのである。先のミコトのセリフで言えば「合意のない性行為は犯罪です」は正しいし、男は処罰されるべきである。しかし、法律的に女性の立場が保証される時代にはなったが、襲われる危険が減っているわけではないことは肝に銘じておくべきだと考える。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »