« (備忘録180727) | トップページ | この夏思ったこと »

道徳とは?

『新しい道徳』(北野武著)読了。今回は文庫本で読んだが、もしかしたら以前に単行本で読んだことのある本だったかもしれない(汗)。まあいいや。痛快で簡単に読めるけれども考えさせられることの多い本だから、何度読んだって損はない。

本の内容を簡単にまとめると、道徳を簡単に口にする人間を信用するなという本である(まとめすぎかな?)。あるいは、学校で教わる道徳(および道徳の教科書)の滑稽さを笑い飛ばす本であると言ってもよい。だから、自分の生き方に何の疑問も抱かず、道徳の教科書どおりに生きていくのが一番正しく幸せだと思っている人間には読む必要のない本である。しかし、ここでたけしが書いているのは、道徳を考える上での出発点となる疑問やツッコミの数々であるから、あとは読者がそれぞれに考えなくてはならないのであって、結論が書いてあるわけではない。

ところで、私は小さい頃から「親が笑われるようなことだけはするな」と言われて育った。言ったのは、他ならぬ親である(笑)。ああしちゃいけないこうしちゃいけないと、細かく言われた覚えはないが、この言葉だけは何度も言われた。別に、自分が悪いことをしたときに言われたわけではない。新聞沙汰になるような事件をどこかの子どもが起こしたときなどに、折に触れて言われた。

そんなわけで、「親が笑われるようなことだけはするな」が私の行動の基準になった。つまりはこれが私の道徳である。ごく個人的な問題で、親と意見が合わずに親を泣かせるようなことはしたかもしれないが(したかもしれないじゃなくて、したよ。ごめん)、親を人様からの笑いものにはしないで生きてきたつもりである。いや、そう信じたい……。父は既に他界し、母はたとえ自分が笑いものになっていてもわからない状態になってしまったが、それでもこの私なりの道徳は私が死ぬまで貫きたいものだと思う。でないと、あの世に行ったときに恥ずかしくて親の顔が見られない。

アジア大会の男子バスケの選手が買春行為をして日本に送り返されるという事件があった。国費で大会に参加しておいて何事だ!とか、そもそも女性を金で買うとは許せん!とか、いろいろ批判はできるだろうが、「親に顔向けできる?」と聞くのがいちばんこたえる批判だ思う。つまり、そういうものが、道徳なんだろうと私は思う。

|

« (備忘録180727) | トップページ | この夏思ったこと »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/141713/74075671

この記事へのトラックバック一覧です: 道徳とは?:

« (備忘録180727) | トップページ | この夏思ったこと »