« 手塚作品の総選挙 | トップページ | この一年を振り返るバトン »

悪意を考える

スマホには佐川急便の不在連絡票を騙ったショートメールが届くし、PCでは突然大音量の警告音とともに「Windowsセキュリティシステムが破損しています」などというウィンドウが開いたりする。「LINEの安全認証」なんてメールもPCに来たりした。いずれの場合もリンク先を開かず即刻削除することで被害はないが、気持ち悪いし腹立たしいことこの上ない。

あ、そうそう。夏にはメールアカウントを乗っ取られそうになったこともあった。このときは利用しているメール会社から「〇〇(←海外)からあなたのアカウントが利用されそうになっているが、これはあなた本人か?」というような連絡が来て、メール機能が一時停止状態になっていた。「もちろん違いますがな!」という旨の返事をしたら「ならばこれからは新しいキーワードを設定して使ってね」というので、この一件から私のキーワードが変わった。慣れるまでついつい前のキーワードを入れてしまい困った。このときは、その前日に中国ドラマの動画を観たりしていた。思い当たるフシはそれしかない。難しいことはわからないが、まことに腹立たしい。

こういう小さな悪意のジャブというのはかなりのストレスになるものだ。

ところで、悪意とは、
「他人や物事に対していだく悪い感情、または見方のこと。 日常用語としての悪意(あくい)とは、相手にとって、害のあることを理解した上で行動することである。 また、相手のよくない結果を望む、心の中に生じる意思を意味する。 対義語の善意は、相手に良い結果を導こうとして行為を行なう気持ちを指す。」
と Wikipedia にはある。法律用語としてはまた別の意味合いもあるようだが、まあ一般的には上記のような事柄だろうと思う。

さて、本日判決が下される東名あおり事故に話を持っていきたい。世論はこぞって石橋被告をいかに重い刑に処するかを取り上げている。みんな怒り心頭の様子だ。私も危険運転致死傷罪を適用するのがいいと思うし、これは未必の故意による殺人事件に問うてもよいと思うくらいである。しかし私が刑罰の軽重以上に関心があるのは石橋被告の思考回路とか性格とかである。

石橋被告にははたして悪意があったのだろうかとふと思う。「邪魔だ、ボケ!」と言われたから頭にきて追いかけて煽って追い越し車線に止めさせて文句を言った。彼の言い分としては「自分はただそうしただけ。その結果の死亡事故」ということになるのだろう。そこには、そんなことをしたら危険だという認識も欠如していたように思われる。彼自身ものこのこと高速道路上に出てきているのだから。

そして、もしかしたらそこには悪意すらもなかったのではないかと思う。罵倒されたからやり返したかった。逃げるから追いかけた。自分のほうが勝っていることを思い知らせたかった。隣には彼女も乗っていることだし……。これは悪意と言えるかどうか?

彼の反省の弁や謝罪の言葉がまったく信用できないというのは万人が同意するところだと思うが、それは彼がちっとも反省も後悔もしていないからである。自分が侮辱されたから仕返しをしようとした、それのどこが悪い?というのが彼の正直な気持ちであろうと思う。彼がそもそも迷惑行為をしていたことはさておき、その後の行為についてきっと彼には悪意などなかったのだ。

しかし、だからこそ、そこがとても不気味で気持ち悪い。脊髄反射のような思考しかできない人間がハンドルを握っていることの恐怖から、人々はこぞって彼を糾弾し、できるだけ長くこの社会から隔離して自分と無関係な距離に置こうとしているのだと思う。

彼がどういう生い立ちなのか私は知らない。知能検査や精神鑑定が行われたのかどうかも知らない。精神科医に言わせれば何か病的な問題があると言うのかもしれない。また今回の裁判では法が実情に追いついていないと言われているが、そんな法はいつになってもできっこない。現実は常に法の上を行く。そういう意味で、一般人の感覚を取り入れた裁判員制度による判決には期待したい。しかしそもそもの問題として、彼が運転免許を取れてしまったという事実は重大だと思う。なんとかこういう人間がふるい落とされるような選別はできないものか。あるいは、いくつかのトラブルを起こした時点で免許を取り上げることはできなかったものか……。

悪意のない(と私は結論付けるが)危険運転によって命を落とした被害者とその遺族が憐れでならない。

|

« 手塚作品の総選挙 | トップページ | この一年を振り返るバトン »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

このニュースを見る度に私も感じてはいるが、非常にセンシティブな問題で、聞き手によっては非常に誤解を生みやすい思考なので、口に出すこともなかった私の思いを言葉にしてくれた感じです。
同じように感じていながらも、公のメディアに出演しているという理由から、それを口にできないコメンテーターも多いんでしょうね。と、推測します。私なら、そんな仕事はできないでしょうね。
(^^;

投稿: | 2018年12月14日 (金) 18時24分

⋛⋋( ‘Θ’)⋌⋚さん
誤解なく読んでくださり、本当にありがとうございますm(__)m
きょうもきょうとて、医師があおり運転をして、なおかつ警官を羽交い絞めにした事件があったそうで、いわゆる学力的な知能と正常な判断力とは関係なさそうですね。これはもっと深いところ、性格や本能にまで関係する事柄なのかもしれません。

きょうは23年の求刑に対して18年の判決が下されましたね。もしどちらかが控訴すれば今度は裁判員ではなく本職の裁判官による裁きが行われるわけで、そうなればきょうの判決が覆されることもあり得ます。18年では短い!という街の声も多いようで、いかにこの「事件」や容疑者の姿がショッキングだったかがわかります。

TVのコメンテーターや司会者の立場というのは難儀なものですねぇ。絶対に曲解する視聴者はいるわけで、容疑者を激しく責めはするものの「センシティブ」な領域までは踏み込めませんものね。本来なら、そこまで踏み込んで初めてコメンテーターとしての責任が果たせるのでしょうが、自身が炎上するのは避けたいですもんね。

その点、こんな辺境ブログならある程度自由に発言できますよ~。\(^o^)/

投稿: わかば | 2018年12月15日 (土) 01時07分

わ〜い!(^^
わかばさん、ありがとう!

メリークリスマス!

投稿: | 2018年12月15日 (土) 17時31分

⋛⋋( ‘Θ’)⋌⋚さん
ばっち来~い!^^b

楽しいクリスマスになりますように♪
メリークリスマス!

投稿: わかば | 2018年12月15日 (土) 22時44分

先日、忘年会から帰宅中の電車で、こんな会話を耳にしました。

「・・・にさ、クズにならなきゃ勝ち残れないって言われてさ」
「・・・犯罪にならない程度のことなら何でもやらなきゃダメなんだよ」

学生、ではなさそうでしたので、社会人なのでしょうねぇ。まだ若い3人組の会話です。切れ切れにしか聞こえませんでしたが、上司だか先輩だかに言われたことの話を熱心にしていました。

社会に出て、こんなことを学んでしまった人ってのは、もしかしたら石橋被告になってしまうのかもしれませんねぇ。(-_-;)
 

投稿: モトキ | 2018年12月20日 (木) 00時18分

モトキさん
重いコメントありがとうございます。

何なんでしょうねぇ……。
そんな思いをしてまでその職場で働く価値がどこにあるのかと思ってしまいます。クズになってしまったら、それはもう「勝ち残っている」とは言えないでしょうに。

なんかもう、ささやかな経済的安定のためには精神的・人格的な安定や理想を放棄せよと言われているとしか思えません。
いまの若い人たちが(全部ではないことは承知していますが)そんなギリギリの選択を迫られているなんて、実に暗澹たる気持ちになってしまいます。

いいとこに就職して過労死や自殺に追い込まれる事例にも通ずるものがありますね。
働くことは確かに尊いことですが、そこまで自分を追い込むほどのものでもないような気がします。
自分を保っていられないほどなら、さっさとそこを辞めるか、少なくとも理不尽と思うことには抵抗すべきと考えます。

でもまあその3人にはそういうことを話せる友人がいてよかったと思います。
石橋被告にはきっとそういう友人がいなかったんじゃないかな。彼女はいるくせにね~。

モトキさんも若い人たちを監督指導するお立場ではないかと推察します。若い人たちの機嫌を取る必要もないですが、どうぞ厳しくも温かい包容力で彼らを育てていってあげてくださいね♪

投稿: わかば | 2018年12月21日 (金) 00時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 悪意を考える:

« 手塚作品の総選挙 | トップページ | この一年を振り返るバトン »