« (備忘録200205) | トップページ | 手裏剣シュッシュッシュッシュシュー♪ »

ふつうに過ごそう

いやいや、えらい大ごとになってきた新型コロナウイルス。WHOはリスク評価を「高い」から「非常に高い」に引き上げたし、日本では全国の小中高校を3月2日から春休みまで休校にするよう政府が要請した。

全国一斉に休校だなんて、私の記憶では初めてのことだ。これまで対策が後手後手だと批判されていた政府が一気にやっちゃった感もあり、世の親からは仕事との兼ね合いに困惑の声も多く出ている。あくまでも要請なのであって、実際には現場の行政の判断に委ねられるというズルい一面もある。わが島根県ではまだ感染者が確認されていないので県立高校では休校せず、その他の小中高はそれぞれの自治体の判断に任せるということになったようだ。感染者が出た場合にはすぐに休校、という措置のようである。

子どもの世話に手を取られ仕事に出られない人も多く、間違いなく家庭や国の経済状態は悪くなると思われる。首相の本音としては、このままダラダラと感染が蔓延して東京オリンピックが開催できなくなるよりは、ここで経済に多少のダメージはあってもオリンピック景気でドンと一発逆転を期待したいというところなのではあるまいか。

まあ、私の邪推はさておき、あんまり騒ぎすぎじゃない?というのが素直な感想である。政府が対策をしないならしないで、したらしたで、攻撃する輩がごまんといる。私は政府なんぞ最初から当てにはしていないので、要は自分が感染するかしないか、感染したら他人に感染させはしまいかということにしか興味がない。人が密集するところはできるかぎり避ける、外出時にはマスク着用、外出から帰ったらうがいと手洗いを徹底する、発熱等の症状があればすぐに病院には駆け込まず様子を見る。結局できることはそれだけで、ふつうの風邪やインフルエンザの場合と何ら変わりはない。

マスクを買い占めたり、病院から消毒液を勝手に持って帰ったり、あるいは感染者のことを攻撃したりする人間は、いったいどういう神経なのかと思う。少なくともこういう人間たちは感染者ではないはずだ。もしも自分が感染したらこういう事象をどう思うだろうかね? 必要なのにマスクや消毒液が手に入らない、あまつさえ自分の存在を攻撃されるという事象を。ちっとは想像力を働かせるべきではないかな。

いま感染していないと思っている大多数の人々(私も含めて)も、検査してみないことには本当のところはわからない。PCR検査をするにもマンパワーが足りない状況であるとも聞く。だから実際の感染者は現在発表されている人数よりははるかに多いと思って間違いはないだろうと思う。もしかしたら自分も発症していないだけで陽性かも?と思って用心深く行動することは必要だろう。自分の身体にウイルスが入るか入らないか、自分の体外にウイルスを出すか出さないか、これが本当の水際作戦だと思う。とはいえ、やることはうがいと手洗いだけなんだけどね。

最後にこのウイルスが私自身に及ぼした影響について書きとめておく。
・姑さんが近く退院することに決まり、次に入る施設も決まったのだが、入院前まで入所していた施設への外来者の出入りができなくなった。明日引っ越しする予定だったのだが、施設に出入りできないのでは荷物の運び出しができない。とりあえず、いま病院に持って行っている荷物だけ移すしかないかと思案しているところ。
・3月の町内のお年寄りの集会が中止になった。

|

« (備忘録200205) | トップページ | 手裏剣シュッシュッシュッシュシュー♪ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

全く同意です。どんなに騒いでも 個人レベルで考えると しなきゃならないことは、風邪 インフルエンザ予防と同じだし、騒ぐ必要ない理由も たくさん報じられてます。
インフルエンザで亡くなる方は数万人と聞きますし、インフルエンザで40度近く熱が出て苦しむ事を考えると 新型での症状でそこまで行く症状は稀のようです。肺炎になる危険性はあるようですが。
インフルエンザには無頓着な人が、メディアに乗せられて 過敏になりすぎるのには やはり疑問です。
PCR検査の精度はそれほど高くないらしいし、検査で「陽性」と判明しても治療自体は風邪・インフルエンザとあまり変わらないようです。
PCR検査は、感染者数を把握するのには必要ですが、個人レベルでは「陽性・陰性」はあまり意味がないらしい。安静にして治るのを待つしかない。
報道はされないが、すでに完治した方もたくさんいらっしゃるはず。
マスクは、他人にうつさない効果は期待できますが、予防にはほとんど意味がない。(アメリカもWHOもそう言ってる)
マスクを適切に利用出来ている人も かなり少ない。
ティッシュペーパーは、山ほど在庫があるらしい。

「休校」の要請ですが、私個人的には 賛成や反対するほどの情報は持っていませんが、想像できなかった出来事が。
子供さんやお子さんを持つご家庭の為に配慮する企業や団体が出てきた事で、災難に直面したときの人の優しさを感じました。
お子さんを会社へ連れてきて、お子さんの様子を見ながら仕事ができるようにした企業とか。
すすんで お子さんを預かる場所を提供したりとか。
就業時間をずらしたり、在宅勤務を認める企業とか。
今まで ほとんど普及して来なかった在宅勤務が日本の中でも定着していくかも。

投稿: ^^) | 2020年3月 5日 (木) 00時18分

^^)さん
コメントありがとうございますm(__)m 嬉しいです♪

こういう「有事」には人間の本性が出るなぁと感じますね。
一方ではマスクやトイレットペーパーを買い占めようとする人間たちが現れ、また一方では急な休校要請で困っている親子を手助けしようとする人たちが現れる。
一方では政府の後手後手ぶりをここぞとばかり糾弾するだけの人間がいて、また一方ではせっかくの自由時間を有意義なものにしようとしたり、新しい仕事の形態を模索する契機にしようとする人たちがいる。
いろいろ勉強になるなぁという思いで、推移を見守っています。

以前、対立が深まる世界情勢が平和に収まるためには地球外生物あたりが襲来してくれればいいのかも、と考えたことがありました。そうすれば地球はワンチームになれるのかも、と。新型コロナウイルスが広まり始めた頃、もしかしてこのウイルスがそれになるかなと思ったりしましたが、全然違っていました。感染者を守るというよりは隔離し、国単位での防衛に汲々とし、主に東洋人が「コロナ!」と排斥される状況にはガッカリします。まあ、諸々しかたのないことではあるのでしょうが……。

こういうとき、やさしさを示すことのできる人は本当に素敵ですね。勇気もいるでしょうし、自分の身を顧みない覚悟も必要でしょう。またデマや無責任なメディア情報に踊らされる人たちを「しょうがないなぁ」と笑い飛ばすくらいの余裕も必要なのでしょう。私もそんな人になりたいものだと思います。

「災難に直面したときの人の優しさを感じました」とコメントしてくださった ^^)さんの優しさに敬服ですm(__)m

投稿: わかば | 2020年3月 6日 (金) 23時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« (備忘録200205) | トップページ | 手裏剣シュッシュッシュッシュシュー♪ »