« ふつうに過ごそう | トップページ | 還暦 »

手裏剣シュッシュッシュッシュシュー♪

今年は数年ぶりにNHK大河ドラマを観ている。明智光秀という「信長を殺した人」という認識しかない人物が主人公ということで、どんな歴史ドラマになるか楽しみなのだが、今のところチャンバラと戦闘シーン満載の「時代劇」として面白く観ている。出てくるおじさま達がみんなクセ者なのも楽しい。賛否両論の色彩の鮮やかさについてはだいぶん慣れた(笑)。

で、『麒麟がくる』についてのネットニュースなど漁っていたら、こんな記事を見つけた! ↓

『仮面の忍者 赤影』が残した特撮のDNA 『麒麟がくる』で注目の織田信長も登場!

赤影さんですよ赤影さん!\(^o^)/ 赤影さんが出てくれば麒麟はすっかりかすんでしまう私なのであった。

カラフルさでは大河ドラマを上回った『仮面の忍者 赤影』とあるが、もうカラフルさなど本当はどうでもよく、この記者さんはただ赤影の魅力について書きたかっただけなんじゃないかと思うような内容で、非常によろしい。信長が伊賀忍者に手を焼いたということ(天正伊賀の乱だろう)も書いてあるが、『赤影』には甲賀忍者は出てきても伊賀忍者は出てこないから、これもまた信長関係でどーしても赤影に触れたいという無理矢理な論法で、とても好ましい。

この記事と時を同じくして、先日の『ブラタモリ 伊賀』にも赤影さんの映像が2回も使われていて狂喜乱舞した。何なの? いま赤影さんのブーム来てるの?(笑)

もう赤影の坂口祐三郎さんも白影の牧冬吉さんも鬼籍に入ってしまわれたが、赤影の想像を絶するカッコよさ、白影の頼もしさ、青影の金子吉延さんの「だいじょーぶ!」のポーズも、いまでもクッキリと瞼に浮かぶ。天津敏さんや汐路章さんなどの悪役も魅力たっぷりだった。……ああ、また観たくなってきたナ(笑)。LDで全話持っているので、久しぶりに観てみようか。DVDは持っていない。コメントでどなたか書いておられたが、お高いんだもん……。

子どもの頃にこんな面白い時代劇に出会えたことは、まさに一生モノの幸せだ♪

|

« ふつうに過ごそう | トップページ | 還暦 »

映画・テレビ・ラジオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ふつうに過ごそう | トップページ | 還暦 »