« コロナ雑感 | トップページ | 『復活の日』 »

日本のやり方

安倍晋三総理は4月7日、首相官邸で開いた新型コロナウイルス感染症対策本部で、緊急事態宣言を発令した。埼玉、千葉、東京、神奈川、大阪、兵庫、福岡の7都府県を対象に4月7日~5月6日の1カ月間、外出自粛を強く要請するというものである。

やっと出たかと思うとともに、どれだけの効き目があるのか不安にも思う。海外メディアが「見せかけだけ」と評したように、強制力がないからだ。小池都知事も「ロックダウンではない」と、強制力がないのを強調していた。

さて、ここで問われるのは日本人の民度であり真価だ。夜中にフラフラと飲みに出掛けたとしても罰せられることはない。そういうとき、日本全体のことを慮って飲みに出かけないだけの自制心の有りや無しやを問われている。個人レベルでの究極のナショナリズムだ。

この方法が成功すれば、オリンピックで日本バンザイを叫ぶのとは比べ物にならないくらいの達成感があるだろうと思う。強制されたのではない、罰則があるからでもない、自分の意思で自制できたという事実は一人一人にとって重い価値がある。

だから、成功してほしい! 7都府県の皆さん、頑張ってください! 応援しています! 

|

« コロナ雑感 | トップページ | 『復活の日』 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

本当にそう思います。私のところも含めて宣言を免れた都道府県のみなさんも、しんどい事は分かりますが 自分にできる事をできるだけ実行して できるだけ早くこの状況を収めましょう。

海外からは「日本では強制されないのに何故こんなに拡大が抑えられてるの?」って注目されているようです。これが日本人の自制能力のすごいところだと思うし、これからも そうあって欲しいと思います。

「コロナ疲れだから」など 使い勝手が良い言い訳がありますが、できるだけジッとしていて、「強制されないと自制できない」「罰則がないと自制できない」、そんな国にならない事を望みます。

投稿: ^^) | 2020年4月 8日 (水) 12時26分

^^)さん

コメントならびに御賛同ありがとうございます。嬉しいです♪

以前から日本ではうがい手洗いの励行とマスクの着用が定着していましたから、政府が何も言わないうちから国民が自らそれらを実践していましたよね。それも感染者数を低く抑えることに一役買っていると思います。このまま低いレベルでピークアウトできればよいと願うばかりです。

コロナ疲れ、コロナ疎開などと言って、都市部から地方へ行く人たちもいますが、これは是非とも自粛していただきたいものです。池田清彦氏が言っていたように「都会へ行くのは自殺行為、地方へ行くのは殺人行為」という事実をちゃんと認識してもらいたいです。自分だけは特別…などと思わないでほしいと切に願います。

7都府県の皆さんだけでなく、他道府県のみんなも多かれ少なかれ自粛していますよね。とりあえず1ヶ月、みんなで頑張っていきましょう!

^^)さんもどうぞくれぐれもお気をつけくださいね^^b 

投稿: わかば | 2020年4月 8日 (水) 23時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« コロナ雑感 | トップページ | 『復活の日』 »