« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »

2020年5月

コロナ雑感200526

安倍首相が5月25日に緊急事態宣言の解除を宣言して日本国内における新型コロナ禍第1波はいちおうの収束を見た。首相は「日本の感染症への対応は、世界において卓越した模範である。まさに日本モデルの力を示したと思う」と述べた。

ここで初めて耳にした日本モデルなるものは、外出を控え三密を避け、マスクを着用し手洗いを励行し、クラスターを徹底的に叩くというものであったと思う。これを法的強制力に頼らず国民の意思でやり遂げたことは、実際誇ってよいことと思う。

また、特筆すべきは医療崩壊を起こさなかった医療関係者の努力と使命感であり、さらには彼らを取り巻く人々の献身的な姿勢である。頭が下がる。心からの感謝を伝えたいと思う。

一方で、外出規制に伴って冷え込んだ経済への対策や、マスク不足への対応、何故かいつまでたっても増えないPCR検査数などなどに対する政府の不手際も忘れてはならないだろう。きっと来るであろう第2波第3波に充分に備えてもらいたいものだ。

さて、日本のやり方で収束したことが海外からはとても不思議に思われているようで、それが私にはとても興味深い。日本人がマスクに対して違和感や嫌悪感を持っていないことや、大声を出したり身体を接触させる風習を持たないこととか、そもそもとても清潔な生活をしていることなどは大きな直接的要因と思うけれども、何かもっと根本的なことが欧米とは違っているように思う。それはつまり「共存」の意識ではないか。

平たく言えば「みんな一緒に仲良く暮らしていこうよ」という意識だ。ロックダウンではなくセルフダウンに邁進していたとき、テレビでよく流れていたフレーズは「あなたが家にいることで、誰かが守られている」という意味合いの言葉だった。家にいることはもちろん自分を守ることだが、それと同時にどこかの誰かの命をも守っているのだというフレーズは、日本人の心の深いところに届いたのではないかと思う。

GWの頃、島根県は「早く会いたいけん、今は帰らんでいいけんね。」という広告を出した。一人一人がいまいる場所で頑張ろう、それが結局コロナを早く収束させる道だというアピールは有効だった。自分だけのことを考えるのではなく他人のことを、全体のことを考えられる能力、それがつまり共存の意識だと私は思う。

さらに考えれば、はたして日本人はコロナに打ち勝とうと思っていたのだろうかと思う。不幸にも感染して苦しい思いをした人は確かにそう思っていただろうと思うのだが、そうでない人々は? 私自身の感覚で言えば、なるべく感染したくないなぁ、コロナ自然に消滅してくれないかなぁ、というようなもので、根底には、まぁこんな厄介なものも時々できるわよね、という思いがあった。人間がこの世に存在するように、犬猫がそのへんにいるように、コロナウイルスなんてものもあって当たり前かもという意識であった。

打ち勝つ、撲滅するというのではなくて、なぁなぁでコロナとも共存していく、受け流すというのが、日本人の考える自然な道なのかもしれないと思う。日本のやり方に違和感を持つ欧米の人々とは、きっとそんなところが違うんじゃないかな。

| | コメント (0)

コロナ雑感200503

日本での緊急事態宣言はとりあえず5月31日まで延長ということになりそうだが、以前のような危機感が若干薄れて、いつ、何をもって宣言の終結となりコロナ以前の生活に戻れるのかという話題が多くなってきた。中国やアメリカなどでは、既に経済活動を再開する動きが見られる。危ういなと思う。スペイン風邪では流行の第1波より第2波のほうが犠牲者が多かったという。同じ轍を踏まねばよいが……。

いまはまだコロナ収束に向けての万全の措置をすべきときと思う。それで生活が成り立たない人には政府が手厚く支援すべきで、一人10万円なんてケチケチしたことを言っていないで少なくとも一時的に100万円くらいは給付すべきだ。国民がこれまで苦労しながら血税を納めてきたことを思えばこれくらいは当然だし、国会議員の腹が立つほどの収入を思えばこれでも謙虚すぎるほどだ。

しかし政府の無能ぶりがこれほどとは思わなかったナ。10万円はもとよりマスク2枚さえまだ届かない。いったい何をやっているの? いまの政権がやったことといえば、突然の全国一斉休校と緊急事態宣言だけだ。できることはもっとあったでしょう?

で、何を狙っているかというと、憲法に緊急事態条項を盛り込むことだという。緊急事態条項がないから何もできなかったとでも言うつもりか。特措法でできる限りの手を尽くしたかどうかをまず考えてから物を言ってもらいたい。

いまはまだコロナ収束に向けて全力を傾けるべきではないかと、もう一度言う。学校を9月入学にすべきという案もあるが、それは今年できることではないと思う。9月にコロナが収まっているという保証はどこにもない。また、片方でコロナ収束と生活保証をし、もう片方で日本の学校制度やそれに伴う就職活動の調整をするなど、役所の仕事がパンクすることは目に見えている。今年の話ではない。

しかし、いま学校に通えない子供たちの学力低下をなんとかしなくてはならないだろうことも確かだ。オンライン授業という手は有効だろうが、全戸にそういう設備があるわけもない。設備の有無で教育を受ける権利に格差ができるのは避けるべき。だったら、テレビで全国一斉授業をすればよいのではないかと思う。テレビならたいていどこの世帯にもある。生活受給者の家庭でもテレビは見られるはず。NHKのEテレで1日24時間、小中高校の授業を放送すればよい。Eテレのチャンネルを小学生用、中学生用、高校生用と増やしてもよいではないか。リアルタイムで観られないなら録画しておけばよい。何度でも観られてよいではないか。地方的な格差だってなくなるかもしれない。それでNHKの受信料が少々値上げされても文句は言わないよ。

アフターコロナに世界は一変するだろうと世界の識者は言っている。コロナという大きな脅威の前で人々は独裁的に大きな力を持つものにすがってしまう。もしそこで人々が国の大きな柱となるような思想を捨ててしまったら、脅威が去ってももう体制は元には戻らない。元に戻ると思うのは幻想である……。

コロナウイルスが人工的に作り出されたものかどうかは知らない。しかし人類が生物としてこの世に現れた瞬間から、人類は細菌やウイルスと絶え間なく闘ってきた。今回もその中の1回に過ぎない。人類がコロナを駆逐できるか、今後ずっと用心深く付き合っていかなくてはならないことになるのか、あるいは人類がコロナに駆逐されるのか、まだよくわからない。しかしいっときの恐怖に支配されて、あるいは恐怖を利用して、性急に物事を変えようとすべきではないと思う。

恐怖や不安に圧し潰されず、冷静になろう。そして、みんなで助け合おう。

| | コメント (0)

« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »