カテゴリー「日記・コラム・つぶやき」の記事

解体工事とベトナムの男の子

この6月は私にとって忘れられないひと月になった。

近所に空き家が2軒あり両方とも綺麗さっぱり解体されたのだが、そのうちの1軒というのが私の生家であった。母方の祖父の土地に建っていたもので、私は10才頃までその家で育った。その後の詳しい経過は省くけれども、40年ほど前に祖父祖母が他界してからはその家は東京に住んでいる伯父の所有となった。しかし伯父は結局東京から戻ることなく他界。40年間放置された家は一部の屋根も落ち壁も破れ、野良猫の住み家となり果てていた。

日々その崩れていく有様を見ているのも胸が塞がる思いがしていたのだが、いざ伯父の息子がとうとう処分することを決心して解体という運びになると、それはそれで悲しいものがあった。柱には私が貼ったアトムのシールの跡が見えるし、明り取りの丸い窓の傍には見覚えのある花挿しも見える。幼い日に家族4人で過ごした日々を懐かしむよすがが無くなってしまうかと思うと、自分の存在の一番大切な部分をもぎ取られるような思いがしたのである。

解体は6月1日からということだったので、その前日には祖父祖母の眠るお墓と父が眠るお墓に参って「そういうことになりました」という報告をした。そしてちょうどひと月で、家も庭の木々もすべて消え失せ更地になった。

解体作業の間いったい私はどんな精神状態になるのだろうかと思っていたのだが、毎日隣の市からやってくる解体業のお兄ちゃんたちの真面目で丁寧な仕事ぶりを眺めていると、大変なお仕事だなぁという思いが先に立ち、ああこの家は最後にとても良い人たちにめぐり会ったのだと感じてなんだか嬉しくなった。この家はちゃんと成仏させてもらえたのだと思えた。ありがとう。私もひとつふっ切れた気がする。

ところで、毎日やってくるお兄ちゃんたちの中にひとり、言葉の通じにくい子がいた。挨拶などはふつうにできるし見た目も日本人とまったく変わらなかったのだが、ベトナムから来たのだという。年の頃は二十歳そこそこといった感じ。その子が実にキビキビと働く。まだ重機は扱わせてもらえないようで、廃材をダンプに積んだり竹ぼうきで掃除したりしている。どうやら技能実習生としてやってきたようである。

その子を含めお兄ちゃんたちが実によく働くので、工事3日目くらいから3時のお茶を出すことにした。ベトナムの子だと聞いてからはタピオカやフルーツを使ったお菓子なども作って出した。3時半になるとベトナムの子が「ありがとございました」とお盆を返しに来る。「美味しかった?」と聞くと、嬉しそうな笑顔で「とても、おいしかったです」と答える。英語は話せないと言うので毎日の会話はそれくらいだったが、こちらとしては息子か孫がいたらこんな気持ちだろうなと、気持ちがほっこりする。明日は何を出そうかなと考えるのが楽しい。生まれた家が無くなる悲しさは彼らのおかげでずいぶんと和らげられたのだった。

重機はまだ残っているが、きょうで工事がほぼ終わった。3時にアイスティーとロールケーキを出し、3時半にベトナムの子がピンポンを鳴らした。「ありがとございました」「どういたしまして」といういつもの会話の後、彼が何か言葉を探している。そして真面目な顔で「1ヶ月、毎日、おいしいたべもの、ありがとございました。わたし、しごと、きょうでおわり。わたし、おもいだします」と私を指さす。思ってもいなかった言葉に涙腺が崩壊しそうになった。「私も忘れませんよ。元気でね。これからもお仕事頑張って」と言うのがやっとだった。「はい」と深々と頭を下げる彼に、ちょっと待ってと、用意しておいた駄菓子の詰め合わせを渡した。「みんなで食べてね」と言うと彼は顔をくしゃくしゃにしたのだった。

5時に彼らは帰っていき、そのときにはバイバイするチャンスがなかった。私は工事の施主でもなければその土地の持ち主でもないのだから、彼らが私に挨拶する義理などないのは当然である。思えば、その子の名前も聞かなかったし一緒に写真を撮ることもなかった。でも彼のことは私の心に深く刻まれて忘れることはないと思う。綺麗さっぱりなくなった家と同じで、もう二度と会うことはないだろうが、絶対に忘れない自信がある。そして、彼も時々は私のことを思い出してくれるかもしれないと思うと、胸が弾むのである。

| | コメント (0)

コロナ雑感200613

本日アベノマスクが届いた。6月15日にはほぼ全戸に配布完了予定と聞いていたから、ぎりぎりセーフということになる。郵便屋さんありがとう^^ 全戸に2枚ずつマスクを配りますという話はいつ出たのだったか? 店頭からマスクが消え、ネットで高額転売する輩が跋扈していた頃に出た話だから……もうずいぶん昔のことのように思われる。マスクはもう何枚も手作りしたし、店でも入手できるようになったし、今頃届いてもなぁ……┐(´ー`)┌

(ちなみに10万円の給付金のほうは、5月末に申込書が届き6月に入ってから申し込んだ。入金されたかどうかはまだ確認していない。「給付を希望しない人に〇印をつける」のは間違えやすいと聞いていたのだが、わが市の場合は「給付を希望しない人に×印をつける」だったのでわかりやすかった。)

ところで、わが家には直接関係はなさそうだが持続化給付金の支給が遅れに遅れているという話を聞く。藁にも縋る思いの店主がすぐさま申し込んだがなかなか振り込まれない。半月ほどもたってから書類に不備があると連絡がくる。すぐさま不備のないように再申し込みをするも音沙汰無し……というようなことが多いらしい。これが迅速に行われていたら何の問題もなかっただろう。だが、あまりの遅さに、入札でなんちゃらいう電通とズブズブの関係にある会社が請け負うことになっただとか、その予算の行方がアヤシイだとかに注目が集まってしまっている。

要は速さが問題なのだ。これを昨今は「スピード感」と言う。私がこの言葉に強烈な違和感とうさん臭さを覚えた最初の日は2007年7月18日であったらしく、こんな記事を書いている。この日この言葉を発したのは安倍首相であった。

以来、この言葉は徐々に市民権を得てきた。「スピード感を持って対処しました」というのは決して「スピーディーに対処しました」と同じ意味ではない。「速くしなくちゃいけないなぁと思っていたのは本当です」というほどの意味で、実際にはどれほど遅くなったとしても責任を逃れられる便利な言葉なのである。なんだか「手術は成功しました。でも患者は死にました」という事態を思い浮かべてしまう……。

さらに政治家の言葉で私がひっかかった言葉を書く。緊急事態宣言が終結したときや東京アラートが引っ込められたときに聞いた言葉、「ご協力に感謝します」。いや、別に首相や知事のためにしたことじゃないし、礼を言われても……と思ってしまう。大方の人が外出を自粛したり店を休業したりしたのは、ただただ、まだ得体の知れないコロナウイルスを広めないためなのであって、各人にその覚悟と自覚があったからだと思う。「皆さん、ともによく頑張りましたよね」と言われたほうがしっくり来る。

そして、もしも国民や都民が首相や知事に協力しようと思った結果として休業したり失職したりしたと思っているのなら、「スピード感を持って」ではなく、至急、迅速に、直ちに、可及的速やかに、とっとと、金銭的な保障をしていただきたいと思う。

| | コメント (0)

コロナ雑感200526

安倍首相が5月25日に緊急事態宣言の解除を宣言して日本国内における新型コロナ禍第1波はいちおうの収束を見た。首相は「日本の感染症への対応は、世界において卓越した模範である。まさに日本モデルの力を示したと思う」と述べた。

ここで初めて耳にした日本モデルなるものは、外出を控え三密を避け、マスクを着用し手洗いを励行し、クラスターを徹底的に叩くというものであったと思う。これを法的強制力に頼らず国民の意思でやり遂げたことは、実際誇ってよいことと思う。

また、特筆すべきは医療崩壊を起こさなかった医療関係者の努力と使命感であり、さらには彼らを取り巻く人々の献身的な姿勢である。頭が下がる。心からの感謝を伝えたいと思う。

一方で、外出規制に伴って冷え込んだ経済への対策や、マスク不足への対応、何故かいつまでたっても増えないPCR検査数などなどに対する政府の不手際も忘れてはならないだろう。きっと来るであろう第2波第3波に充分に備えてもらいたいものだ。

さて、日本のやり方で収束したことが海外からはとても不思議に思われているようで、それが私にはとても興味深い。日本人がマスクに対して違和感や嫌悪感を持っていないことや、大声を出したり身体を接触させる風習を持たないこととか、そもそもとても清潔な生活をしていることなどは大きな直接的要因と思うけれども、何かもっと根本的なことが欧米とは違っているように思う。それはつまり「共存」の意識ではないか。

平たく言えば「みんな一緒に仲良く暮らしていこうよ」という意識だ。ロックダウンではなくセルフダウンに邁進していたとき、テレビでよく流れていたフレーズは「あなたが家にいることで、誰かが守られている」という意味合いの言葉だった。家にいることはもちろん自分を守ることだが、それと同時にどこかの誰かの命をも守っているのだというフレーズは、日本人の心の深いところに届いたのではないかと思う。

GWの頃、島根県は「早く会いたいけん、今は帰らんでいいけんね。」という広告を出した。一人一人がいまいる場所で頑張ろう、それが結局コロナを早く収束させる道だというアピールは有効だった。自分だけのことを考えるのではなく他人のことを、全体のことを考えられる能力、それがつまり共存の意識だと私は思う。

さらに考えれば、はたして日本人はコロナに打ち勝とうと思っていたのだろうかと思う。不幸にも感染して苦しい思いをした人は確かにそう思っていただろうと思うのだが、そうでない人々は? 私自身の感覚で言えば、なるべく感染したくないなぁ、コロナ自然に消滅してくれないかなぁ、というようなもので、根底には、まぁこんな厄介なものも時々できるわよね、という思いがあった。人間がこの世に存在するように、犬猫がそのへんにいるように、コロナウイルスなんてものもあって当たり前かもという意識であった。

打ち勝つ、撲滅するというのではなくて、なぁなぁでコロナとも共存していく、受け流すというのが、日本人の考える自然な道なのかもしれないと思う。日本のやり方に違和感を持つ欧米の人々とは、きっとそんなところが違うんじゃないかな。

| | コメント (0)

コロナ雑感200503

日本での緊急事態宣言はとりあえず5月31日まで延長ということになりそうだが、以前のような危機感が若干薄れて、いつ、何をもって宣言の終結となりコロナ以前の生活に戻れるのかという話題が多くなってきた。中国やアメリカなどでは、既に経済活動を再開する動きが見られる。危ういなと思う。スペイン風邪では流行の第1波より第2波のほうが犠牲者が多かったという。同じ轍を踏まねばよいが……。

いまはまだコロナ収束に向けての万全の措置をすべきときと思う。それで生活が成り立たない人には政府が手厚く支援すべきで、一人10万円なんてケチケチしたことを言っていないで少なくとも一時的に100万円くらいは給付すべきだ。国民がこれまで苦労しながら血税を納めてきたことを思えばこれくらいは当然だし、国会議員の腹が立つほどの収入を思えばこれでも謙虚すぎるほどだ。

しかし政府の無能ぶりがこれほどとは思わなかったナ。10万円はもとよりマスク2枚さえまだ届かない。いったい何をやっているの? いまの政権がやったことといえば、突然の全国一斉休校と緊急事態宣言だけだ。できることはもっとあったでしょう?

で、何を狙っているかというと、憲法に緊急事態条項を盛り込むことだという。緊急事態条項がないから何もできなかったとでも言うつもりか。特措法でできる限りの手を尽くしたかどうかをまず考えてから物を言ってもらいたい。

いまはまだコロナ収束に向けて全力を傾けるべきではないかと、もう一度言う。学校を9月入学にすべきという案もあるが、それは今年できることではないと思う。9月にコロナが収まっているという保証はどこにもない。また、片方でコロナ収束と生活保証をし、もう片方で日本の学校制度やそれに伴う就職活動の調整をするなど、役所の仕事がパンクすることは目に見えている。今年の話ではない。

しかし、いま学校に通えない子供たちの学力低下をなんとかしなくてはならないだろうことも確かだ。オンライン授業という手は有効だろうが、全戸にそういう設備があるわけもない。設備の有無で教育を受ける権利に格差ができるのは避けるべき。だったら、テレビで全国一斉授業をすればよいのではないかと思う。テレビならたいていどこの世帯にもある。生活受給者の家庭でもテレビは見られるはず。NHKのEテレで1日24時間、小中高校の授業を放送すればよい。Eテレのチャンネルを小学生用、中学生用、高校生用と増やしてもよいではないか。リアルタイムで観られないなら録画しておけばよい。何度でも観られてよいではないか。地方的な格差だってなくなるかもしれない。それでNHKの受信料が少々値上げされても文句は言わないよ。

アフターコロナに世界は一変するだろうと世界の識者は言っている。コロナという大きな脅威の前で人々は独裁的に大きな力を持つものにすがってしまう。もしそこで人々が国の大きな柱となるような思想を捨ててしまったら、脅威が去ってももう体制は元には戻らない。元に戻ると思うのは幻想である……。

コロナウイルスが人工的に作り出されたものかどうかは知らない。しかし人類が生物としてこの世に現れた瞬間から、人類は細菌やウイルスと絶え間なく闘ってきた。今回もその中の1回に過ぎない。人類がコロナを駆逐できるか、今後ずっと用心深く付き合っていかなくてはならないことになるのか、あるいは人類がコロナに駆逐されるのか、まだよくわからない。しかしいっときの恐怖に支配されて、あるいは恐怖を利用して、性急に物事を変えようとすべきではないと思う。

恐怖や不安に圧し潰されず、冷静になろう。そして、みんなで助け合おう。

| | コメント (0)

日本のやり方

安倍晋三総理は4月7日、首相官邸で開いた新型コロナウイルス感染症対策本部で、緊急事態宣言を発令した。埼玉、千葉、東京、神奈川、大阪、兵庫、福岡の7都府県を対象に4月7日~5月6日の1カ月間、外出自粛を強く要請するというものである。

やっと出たかと思うとともに、どれだけの効き目があるのか不安にも思う。海外メディアが「見せかけだけ」と評したように、強制力がないからだ。小池都知事も「ロックダウンではない」と、強制力がないのを強調していた。

さて、ここで問われるのは日本人の民度であり真価だ。夜中にフラフラと飲みに出掛けたとしても罰せられることはない。そういうとき、日本全体のことを慮って飲みに出かけないだけの自制心の有りや無しやを問われている。個人レベルでの究極のナショナリズムだ。

この方法が成功すれば、オリンピックで日本バンザイを叫ぶのとは比べ物にならないくらいの達成感があるだろうと思う。強制されたのではない、罰則があるからでもない、自分の意思で自制できたという事実は一人一人にとって重い価値がある。

だから、成功してほしい! 7都府県の皆さん、頑張ってください! 応援しています! 

| | コメント (2)

コロナ雑感

新型コロナウイルスが全世界で猛威をふるい、終息の気配が見えない。2020東京オリンピックは1年程度の延期が決定し、何故かそれと機を同じくして東京での感染者が急増した。新型コロナ特措法による緊急事態宣言も可能となり、政治的側面から観て日本のコロナウイルス禍もやっと新たなフェーズに入ったと思われる。

既にニューヨークやパリの街からは人影が消えているという。理由もなく家を出ると罰せられるそうだ。しかし一方で、ドアノブを舐めるチャレンジがあったり、ストレスを募らせた若者が大勢集ってワイワイ騒いだりもしているとか。日本でも、ウイルス感染に対する意識が向上したというので学校が再開されたりした。カオスだ。

これまで教科書でしか知らなかった国を揺るがすような「疫病の流行」という言葉を、いま実際に目の当たりにしているわけだが、聖武天皇が東大寺や国分寺を造らせた気持ちも、妖怪アマビエが話題になるいまの世相もなんとなく理解できる。人智を超えた、未だ克服できぬものを前にしたとき、恐怖と不安というストレスできっと人はどうしてよいかわからなくなるのだ。責任を持つべき為政者はオロオロと蒼くなって正常な判断力を失い、庶民はその人なりのやり方で精神の安定を求めるのだろう。誰かを批判非難して留飲を下げたり、何かに熱狂して我を忘れたくもなるのだろう。

ネットで「地球にとっては人間がウイルスでコロナがワクチン」説を目にした。コロナのせいで中国の空やイタリアの水が綺麗になったというのだから、これはあながち間違いではない、というか、それが真実なのかもしれないと妙に納得した。地球は、人間の増えすぎや自然を無視した傲慢さを赦さないのかもしれない。

Wikipediaによると、パンデミックは今回で24回目となるらしい。1918年-1919年のスペイン風邪の死亡者数が5000万~1億人と群を抜いている。今回の新型コロナウイルスは感染力は強いが致死率はそれほど高いわけではないという。しかし今後アフリカ大陸でウイルスが蔓延し、さらにはウイルスが変化するようなことが起これば、死者数はどこまで増えるかわからない。自分が死亡者数1にカウントされないという保証はどこにもない。

わが島根県ではまだ感染者の報告はないので比較的のほほんと日常生活を送っているが、先日の連休には県外から多くの観光客が訪れていたから、県内から初めての感染者が出るのも時間の問題だろう。仕事をやめて家にいろと言われたら、自営の対面販売業のわが家は夫の年金以外の収入が0になる。飢え死にするまでにワクチンが開発されますように……。(-人-)

| | コメント (2)

還暦

生まれてから21915日目のきょう、何事もなく60回目の誕生日を迎えた。なにしろ還暦など生まれて初めてなので(長嶋氏の口調で)、何をどうすればよいのかまったく見当がつかず、普段どおりの平平凡凡たる一日を過ごした。

子供だった頃、60歳のご婦人といえばもう相当のおばあさんに見えた。私の祖母がちょうど60代だったわけだが、毎朝きちんと着物を着、髪を結い、なんでもそつなく悠々とこなし、座布団にちんまりと座って静かにお茶を飲んでいたという印象がある。それに比べていまの私は……と考えると、冷や汗が出る。

平均寿命があの頃より20年も延びたいま、あの頃の祖母の胸中にあったものと、きょうの私の思うものは幾分かの違いがあるのかもしれない。

還暦を迎えたとはいってもさしたる感慨もないのだが、ひとつ考えていることはある。今年からいわゆるエンディングノートを書き始めようと思う。私をこの世にあらしめてくれたご先祖さまの家系図から書き起こして、まずは私の履歴書などを書いてみよう。あとはわずかな財産の所在とか、処分してもらいたいもののリストなど(このブログもそうだ)。日々の暮らしで何を大切に思うかとか、克服すべきは何かとか、感謝する人や出来事は何かとか、いろいろ思うことを書いてみよう。何年後か何十年後かに私があの世へ行くまでに書き終わればよい。途中で考えが変わってもかまわない。のんびり書き綴りたいと思うが、記憶力がいつまで存在するのかはわからないので、それなりに頭がはっきりしているうちに書いておこう。誰かが読むことは期待しないけれども、それでも念のために、墓場まで持っていかなくてはならない事柄とか都合の悪いこととかは書かないでおこう(笑)。

そんなことを考えていると楽しくなる。自分の人生をそろそろ総括し始めてもよいかと考えられるようになった分だけ、少しは大人になったのかもしれない(笑)。この世のすべてのものに感謝を。(-人-)

| | コメント (4)

ふつうに過ごそう

いやいや、えらい大ごとになってきた新型コロナウイルス。WHOはリスク評価を「高い」から「非常に高い」に引き上げたし、日本では全国の小中高校を3月2日から春休みまで休校にするよう政府が要請した。

全国一斉に休校だなんて、私の記憶では初めてのことだ。これまで対策が後手後手だと批判されていた政府が一気にやっちゃった感もあり、世の親からは仕事との兼ね合いに困惑の声も多く出ている。あくまでも要請なのであって、実際には現場の行政の判断に委ねられるというズルい一面もある。わが島根県ではまだ感染者が確認されていないので県立高校では休校せず、その他の小中高はそれぞれの自治体の判断に任せるということになったようだ。感染者が出た場合にはすぐに休校、という措置のようである。

子どもの世話に手を取られ仕事に出られない人も多く、間違いなく家庭や国の経済状態は悪くなると思われる。首相の本音としては、このままダラダラと感染が蔓延して東京オリンピックが開催できなくなるよりは、ここで経済に多少のダメージはあってもオリンピック景気でドンと一発逆転を期待したいというところなのではあるまいか。

まあ、私の邪推はさておき、あんまり騒ぎすぎじゃない?というのが素直な感想である。政府が対策をしないならしないで、したらしたで、攻撃する輩がごまんといる。私は政府なんぞ最初から当てにはしていないので、要は自分が感染するかしないか、感染したら他人に感染させはしまいかということにしか興味がない。人が密集するところはできるかぎり避ける、外出時にはマスク着用、外出から帰ったらうがいと手洗いを徹底する、発熱等の症状があればすぐに病院には駆け込まず様子を見る。結局できることはそれだけで、ふつうの風邪やインフルエンザの場合と何ら変わりはない。

マスクを買い占めたり、病院から消毒液を勝手に持って帰ったり、あるいは感染者のことを攻撃したりする人間は、いったいどういう神経なのかと思う。少なくともこういう人間たちは感染者ではないはずだ。もしも自分が感染したらこういう事象をどう思うだろうかね? 必要なのにマスクや消毒液が手に入らない、あまつさえ自分の存在を攻撃されるという事象を。ちっとは想像力を働かせるべきではないかな。

いま感染していないと思っている大多数の人々(私も含めて)も、検査してみないことには本当のところはわからない。PCR検査をするにもマンパワーが足りない状況であるとも聞く。だから実際の感染者は現在発表されている人数よりははるかに多いと思って間違いはないだろうと思う。もしかしたら自分も発症していないだけで陽性かも?と思って用心深く行動することは必要だろう。自分の身体にウイルスが入るか入らないか、自分の体外にウイルスを出すか出さないか、これが本当の水際作戦だと思う。とはいえ、やることはうがいと手洗いだけなんだけどね。

最後にこのウイルスが私自身に及ぼした影響について書きとめておく。
・姑さんが近く退院することに決まり、次に入る施設も決まったのだが、入院前まで入所していた施設への外来者の出入りができなくなった。明日引っ越しする予定だったのだが、施設に出入りできないのでは荷物の運び出しができない。とりあえず、いま病院に持って行っている荷物だけ移すしかないかと思案しているところ。
・3月の町内のお年寄りの集会が中止になった。

| | コメント (2)

(備忘録200205)

立春も過ぎてやっと山陰地方にも寒波が来て、きょうはチラチラと雪が舞いました。少しは積もってくれないと夏には水不足になるのではないかと不安に思う今日この頃です。

さて、書きたいことは多々あるのにすっかりサボりがちな拙ブログ(汗)。ここで1月のまとめを。

新年早々お姑さんが食べられなくなり、1月なかばから入院中です。検査をしても数値はいたって正常で、どこも悪いところはありません。はじめのうちこそ少々脱水症状があったので点滴をしましたが、現在は頑張って口から食べてくれています。決して充分な量ではありませんが……。そうするといつまでも入院させてはもらえないので退院ということになるわけですが、こういう状態(全介助)だとこれまで入っていた施設では人手不足のため受け入れできないと言われました。次に探さなくてはならないのは特別養護老人ホームです。ところがこれがどこも満室で2~3年待ちの状態。いったいどうしたものかと思いながら、運よく(と言っていいのかどうか忸怩たる思いがありますが)どこかの施設の部屋が空くのを待っているところです。

上記の事柄については、近い将来わが身にも同様なことが起こるかもしれず、いろいろ思うこともありますが、きょうはとりあえず覚書ということでここまでにしておきます。

| | コメント (0)

2020年幕開け

明けましておめでとうございます。今年も変わりませずよろしくお願い申し上げますm(__)m

雪こそ降りませんでしたが完全無欠の曇り空のもと、静かな年明けとなりました。初詣は日本海側の神社へ4ヶ所行きました。灰色をした日本海に打ち寄せる白い波と静かな漁村の佇まいは山陰独特のものでしょう。厳しいけれど、私の好きな風景のひとつです。

昨晩は「紅白」を観ました。ビートたけしの「浅草キッド」が懐かしかったです。当時、友人にダビングしてもらったテープ(テープ!)を繰り返し聴いたものです。あとは竹内まりやさんが良かったかな。グリーンのドレスに勾玉と管玉のネックレスをつけていらっしゃいました(あのデザインはどこかで見たことがあるゾと思ったのですが、思い出せません)。さすがに出雲大社の真ん前で生まれた方だなと思いました。島根県民として身近に感じられて嬉しかったです♪

いよいよ今年はオリンピックイヤー、日本は盛り上がることでしょう。ですが、その陰に隠れていろいろ報道されない事柄も多く起こりそうな気がします。浮かれすぎず、平常心で臨みたいと思う一年です。

良き年となりますように♪

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧